素敵に女磨き

メール美人 目指しませんか?

今やプライベートもお仕事も 爛瓠璽覘瓩老腓せない存在ですよね。 そんなメールについて、考えてみませんか?

 友だちや仲間同士でのメールのやりとり。「ちょっと、それは失礼じゃない?」なんてカチンときたり、逆に「ほっこり気分にさせてくれたよぉ」とか、たまに感じることはありませんか? また、メールはお仕事でも使う事が増えています。  そこで、基本的な心遣いや気配りメールをマスターしちゃいませんか?きっと、あなたの印象度はアップするハズですよ!


親しい相手にも気遣い

 約束の時間に遅れるって、連絡があったら、相手には寛大な返事を。また、犲擇雖瓩箸六廚錣擦覆い茲Δ法
 例えば、了解の後に、「ちょっと私も寄りたい所があるから」とか、「焦って転ばないようにね」なんて一言。 ただ、遅刻常習者にはたまには厳しめのお言葉は必要かもネッ。
 忙しそうな相手や遅い時間に連絡するときは、「返信不要」と打ってあげるのもマナーです。

親しい相手に礼儀無し

 で、何が言いたいの?なんてメールが届いたらイヤな気分になりますよね。それが大部分が愚痴だったり、 「約束ちゃんと覚えてる」とか「時間厳守って言ったのに」と、お叱りや詰問口調だとなおさら…。
 また、誤送信で大きなトラブルに発展するのが悪口を書いたもの。そう、悪口は言わない!書かない!です。これは、受け取る人によって違うかも知れないけど、落ち込んでいる時に、デコメのキラッキラなメールは腹立たしく感じる人もいるので気をつけようね。当日のドタキャンなどは、了解の返信が無いときは、電話をするのが礼儀です。


仕事ができるメール

 最近は、仕事もメールで進めることも多くなりました。なら、仕事力のアップのメールは身につけたいです。「いつもお世話になっています」など、最初のあいさつは必須。
 仕事の依頼があった場合のお礼には「ありがとうございます」の後に、「喜んでお引き受けします」と付け加えると受け取った方は、心地良く感じますよね。
 会議中や外出中など、不在で長時間メールを確認できない時には、あらかじめ相手に「これから会議に入るので、お返事できるのが○時以降になります」と、送っておくといいですよ。
 メールの件名に「至急」とか「重要」など、返信を急ぐ用件にはつけて送るのも、行き違いなどの連絡ミス防止に。また、特に返信が必要ないときには、「返信不要」でなく、「返信はご不要です」とするだけでも、感じの良いメールになります。


要注意なお仕事メール

 用件は?ってくらいにあいさつ文をやたらと長く角のはやめましょう。用件はあいまいにならないように。そして、「また、連絡します」とか、「追って、お電話します」と書いておいて、連絡をしないのは、信用も失ってしまいかねないですよ。
 また、面識のない相手に対して、事務的な一方的な連絡メールは、冷たい人だなぁとか、厳しそうなんて印象を持たれる場合もあるので、ご注意を。とは言っても、もちろんデコメはダメですよ。
 社内で、隣に座っているのに言いにくいことや、注意などをメールで送られると、その後の対応に困るなんてケースもあるようですよ。  返信が必要な場合の妥当な時間的は、1時間以内と考えている人が多数派。それ以上時間がかかった場合は「遅くなりすいません」と、添えるのがベター。
 メールはプライベートでも、お仕事でもちょっとしたことで印象が良くなったり、悪くなったりします。まずは送信前に相手目線で読み返すのが一番なのでは?