素敵に女磨き

あなたは腸に 優しくしてますか?

無休で働き続けている腸。 その環境は、日頃の食生活などで大きく乱れます。 優しいケアを腸にしてあげては?

  腸の不調は様々な悪影響を引き起こしてしまいます。代表的なものとして便秘がありますよね。
 そして、便秘によって老廃物が体内に滞り、血の巡りが悪くなる。それは冷え性や肌荒れの原因に。顔色や髪ツヤが悪くなる上に、さらに代謝も落ちて太りやすくなるという、女性にとってはマイナスの要因に。
 そこで、毎日寝る前に簡単な腸のマッサージをしてみませんか?小腸と大腸をケアするため、リラックスして適度な刺激で腸をあたため、血行促進により腸の働きをスムーズにするマッサージをご紹介します。


ヽ謄僉璽弔魴擇押しもむ

 きき手を下に、人差し指・中指・薬指の腹が重なるようにして、両手を右骨盤の内側あたりに置きます。
  銑い両貊蠢瓦討如△罎辰りと息を吐きながら軽く押します。

大腸から上行結腸が第2のポイント

 右肋骨の下あたりを指先の重なりは変えずに、心地良いと感じる程度に押す。
  この上行結腸に送られた老廃物は、まだ水分の多い状態なので、それを爐爾麁葦親悪瓩箸いΕ潺潺困里茲Δ米阿で、上行結腸から横行結腸に送り、水分を吸収するのです。


J部を横切る横行結腸

 みぞおちとおへその間あたりになります。ここをこれまでと同様に、重ねた指で優しく押します。
 ここでもぜん動運動を繰り返して、水分をさらに吸収します。


な悗魴狙する下行結腸

 左肋骨の下が下行結腸の始まりです。ここも優しくプッシュ。
 この下行結腸では水分がほぼ抜けた便が最終的な形成作業を行います。
 この時、大腸はぜん動運動をすると同時に腸壁から粘液を出して、便が腸にこびりつかない役割も担っているんですよ。


S状結腸は軽くぐりぐりと

  銑い泙任汎瑛佑卜昌悗禄鼎佑燭泙沺⊂さな円を描くようにぐりぐりと優しく押しもみます。
 このS状結腸はある程度便をためる場所なんですが、ここに長くとどまることで水分がさらに吸収されてガチガチに。そう便秘の原因。
 このマッサージは、ソファや壁際などを利用して、もたれるような座った姿勢で。
 腹筋がゆるんでいる状態がベストです。


おへそのまわりをくるくる優しく回す

 他にもおへそから下腹ぽっこりあたりの収まりの良いところに、時計回りにゆっくりと、呼吸をしながら10回〜20回程度回します。
 じんわりと温まって、小腸の働きがスムーズになるよ。


爽快な朝を迎えるひと工夫

 和食を腹八分目までで、しっかり噛んで味わうと消化を助け、腸への負担は半減されます。
 というのも、和食は高タンパク、低脂肪。食物繊維やミネラル、ビタミンの摂取もバランス良くできると言われているため。
 また、発酵食品も◎です。腸内の善玉菌を増やすことで、消化・吸収・排便など免疫力の立役者とも言われるほど。納豆やお味噌汁、ヨーグルトなど、毎日でも少量ずつ摂取し続けることで、効果を発揮するそうです。
 それでも…、朝なかなか爽快にはならない人には、朝のストレッチがオススメ。
 イスに座って、両足は軽く開きます。イスの背を持って左右に上体をひねります。この時、足やおしりの位置は固定したままで、息は止めずに無理の無い回数を繰り返してみて。適度な刺激が良いと言われています。
 早速、就寝前に、簡単にできるので軽く腸をマッサージしてみませんか?