素敵に女磨き

お風呂は、大切な時間。シャワーですませないで!!

あったかくなると、バスタイムは、ついついシャワーで終わっちゃいますよね。 でも、バスタイムは大切な時間なんです。 美容だけでなく、内面磨きにね。

  毎日の習慣にしたいのが、しっかりお風呂に入る時間をつくる事。なぜなのかを今回はじっくりご紹介したいと思います。  お風呂は、外部から遮断されて、外敵もいないとってもリラックスできる場所です。バスタイムは「脳」を整理して、心身ともにコンディションを整えるのに最適な時間です。

一日のリセットを

  疲れている日こそゆっくり湯船に浸かって瞑想。その日あった嫌な事や抱えている悩みをリセットして、自分が明るくなれるような事を考えてみて。  例えば理想の未来や楽しかった思い出、記憶に残っている映画など何でもいいんです。心の緊張をほぐしてあげれば、一日のストレスが取り除かれるよ。


不要な情報をシャットダウン

  情報まみれの中で生活している毎日。お風呂は、外部からの情報を遮断して瞑想できる空間。脳のデフォルトモード・ネットワーク(体が何もしていない時に働く脳のネットワーク活動)が、働き始めて、自分自身とじっくり向き合う事ができますよ。

労をねぎらって体を洗う

  体を洗う時の動作のひとつひとつも意識的に。歩き回った足に「お疲れ様」や、何かと助けてくれる腕に「ありがとう」なんて、思いながらね。 そう、一日頑張った自分の体をいたわってあげれば、自分はこんなにがんばったっていう自信になるんじゃない?

脳をデトックス

  悩みを抱えすぎて、問題解決のために手当たり次第に情報をつめこんで、もう脳はパンク状態!余計にストレスが深まってしまう。  新しい情報を手に入れるよりはむしろ、脳を整理して不要な情報は削除!そう、「デトックス=解毒」なんですよ。ゆっくりと湯船に浸かって、自分の心の声に耳を傾けてみる時間にしよう。

わ一日のリセットを

  時間に追われて生活している私たちにとって、お風呂だけは別。四六時中何かに追われる世界からの離脱。  あえて、時間がわかるものを持ち込まず、時間に追われる事なく、お風呂で一日の終わりを締めくくってリセットしてみては?

体と一緒にストレスも悩みも洗い流そう

  お風呂で体を洗って、お湯で泡を流す時、汚れと一緒に悩みや不安が落ちるイメージを思い描きましょう。あなたの脳が、本当に悩みが消えたように思えてきて、心も体もスッキリ!  また、体を洗う時は自分の体の隅々までじっくり観察する事も大切ですよ。体の変化に敏感になると、より自分を客観的に見る事ができるようになります。その結果、今抱えている問題や悩みも客観的に見つめる事ができますよね。

ポジティブ思考を習慣づける

  悩みを抱えていると、ついつい顔に出てしまったりします。ここでも試して欲しいのが、楽しかった思い出や自分の理想像など良い事を思い浮かべる事。  毎日お風呂の中で、明るい事をイメージして、プラスの感情を得る事ができたら、人の脳は「幸福感」を覚えるそうです。すると不思議と前向きな気持ちになってきます。「前向きになろう」なんて無理に気合を入れたりもしなくてすむかもね。  ねっ、お風呂で湯船につかるって、結構自分磨きに役立つでしょ。時間がもったいないからと、シャワーですませるなんて、これこそ自分にとって、もったいない事です。  さらにお風呂に入る前に、今日一日を振り返って問題を洗い出しておくのもオススメ。また、お風呂で瞑想に集中できない時は、大きな深呼吸を繰り返すのも気持ちが安定しますよ。時には銭湯や温泉など場所を変えるのも、いつもと違うヒラメキを生むかも。試してみて。バスタイムは大切でしょ♡