素敵に女磨き

リバウンドしないための自己管理を習慣に

頑張って、ダイエットをしてもリバウンドしてしまったり、だんだんとダイエット効果も現れなくなったら…

ダイエットで一時的にやせても、それを維持するのはとっても大変。それなら、日常生活で自己管理を習慣化することで、爐笋擦襯セ付け瓩坊劼るかもしれません。よく耳にする事から、初めて聞く事まで紹介します。

正しい立ち姿勢

正しい姿勢で立つ事ができるようになると出るところは出て、へこむところはへこむ「メリハリボディ」に。さらに、内臓も定位置におさまって、正常に働きます。腰痛予防にもなるので、さっそく壁をつかって練習!

 

正しい座り方

頭と肩、かかとが一直線になるように立ち、椅子に向かって腰をおろします。 腰をおろしたら脚の付け根に上半身をのせるようなイメージで骨盤を立てるように座ります。背骨を引き上げる感じです。背もたれには寄りかからないように。正しく座るとお腹がへこむ効果が期待できます。そして、両膝をくっつけて脚を揃えて座る事で、内ももの筋肉が刺激され太ももが細くなります。

正しい歩き方

目線はやや上の方にし、上半身は胸を張って、胃を持ち上げるような感覚で。腰から前に足を一歩踏み出します。手は自然に振って、膝は曲がらないように注意しましょう。 ハイヒールで歩く時は、親指側に重心を置くように意識。つま先とかかとが同時に着地する感じで歩きます。正しい歩き方ができると、脚の筋肉をまんべんなく使うので、脚のラインがバランス良く整うんです。

食事も食べ方・ルールで正しく習慣化

食事制限よりも、やせる食べ方を習慣にするとダイエット効果はあるかも…朝食は、朝目覚めて昼は活動し夜は眠るという体内時計をリセットしてくれるためにもマスト。 生活リズムを整える事で代謝が高まり、脂肪や糖分が分解されエネルギーとして効率的に燃焼されると言われています。太りにくい体作りには大切です。 満腹感を得るまでには約20分かかるため、ゆっくり食べましょう。理想の食事時間は20分〜1時間と言われています。食べ過ぎの防止や、糖分の消化のスピードをゆるめてくれて、吸収されにくくなります。 さらによく噛む事を心がければ、消化も良くなり便秘解消にも。 カロリー制限をするよりも、食べたいものは食べて、腹八分目スタイルを特に夕食には取り入れてね。仕事などで遅くなった時は、腹七分目に抑えましょう。 野菜は、サラダだけでなく温野菜やスープなどで、毎食摂る事がオススメ。油は良質なものをチョイスしよう。油をとらないと肌や髪が乾燥する原因にもなります。 腸内環境を整えてくれる発酵食品はこまめにとりましょう。納豆や味噌汁、ぬか漬け、ヨーグルトなどです。 寝る3時間前は食べない方が、良質の睡眠のためにもいいですよ。 日常生活の自己管理を習慣にすることで、爐笋擦襯セ付け瓩鬚靴涜世蠅砲い体を作りませんか?